海浜幕張駅から徒歩2分 千葉県千葉市美浜区中瀬1-4

- ご予約・お問い合わせはこちら - tel:043-350-4618

一般歯科|千葉市美浜区 インプラント 歯科 歯科口腔外科

一般歯科

  • 費用
  • 症例

むし歯の進行と治療

むし歯とは歯の表面に付着したプラーク(歯垢)の細菌が酸を出して歯を溶かしていくことを指します。

しっかりと歯ブラシができていれば、少し歯が溶け出しても唾液の中のカルシウムやリンが再び取り込まれて元に戻りますが、歯ブラシができていないと、自然には元に戻らないほどむし歯が進行してしまいます。

むし歯の進行と治療

C1
エナメル質 象牙質 歯髄

エナメル質のみにとどまっているむし歯。
痛みはなく、必ずしも治療は必要ない。

C2

象牙質まで及んだむし歯。
冷たいものや甘いものなどでしみることがある。治療は、むし歯の部分を削り、白い樹脂を詰めたり、金属をかぶせる治療を行う。

C3

むし歯が歯髄まで及んでいるむし歯。
通常冷たいもの熱いもので痛む。
また、じっとしていても激しい痛みが出てくることもある。
神経を抜く治療が必要。

C4

むし歯がさらに進行し、歯の根だけになった状態。
神経は死んで、痛みはないこともありますが、時に根の先端にウミの袋を作ることもある。
根の治療で治ることもありますが、歯を抜かないといけない場合もある。

  • 知覚過敏
    知覚過敏とは歯肉が下がったり、歯ぎしりなどで歯がすり減ったりしたために、敏感な部分である象牙質が露出した結果起こるものです。冷たいものや歯ブラシの刺激などで、ピリッとしみる状態を指し、年齢にはあまり関係なく起こります。むし歯ではないので、薬を塗るなどして周りからの刺激を遮断する治療が一般的です。
PAGE TOP